EK1960 | TwinSAFEコンパクトコントローラ

EK1960は、TwinSAFE によるセーフティソリューションによってアプリケーションの機能を拡張してくれます。 安全デジタル入力20点と安全デジタル出力24点を内蔵しながら非常にコンパクトな設計で、特に小型装置向けの安全要件に最適です。EK1960はスタンドアロンモードでの動作、および他のコントローラとEtherCAT接続しての使用が可能です。 また、他のEtherCATカプラ同様、EK1960はすべてのEL/ES ターミナルによって拡張可能です。

TwinSAFEコンパクトコントローラは、他のTwinSAFEコンポーネントと同様にTwinCATセーフティエディタによってプログラムされます。作成されたTwinSAFEプロジェクトは、EtherCATを経由してEK1960に読み込まれます。 EK1960は最大で128のTwinSAFE接続に対応しています。さまざまなセーフティ機能に柔軟に対応するため、TwinSAFEコンパクトコントローラは、Safety over EtherCATプロトコルを経由して IP 20/IP 67のTwinSAFE I/OやTwinSAFEドライブオプションカードなど、多様な機器に接続可能です。

Safety over EtherCATはフィールドバスに依存しない セーフティプロトコルで、任意のフィールドバスシステムにTwinSAFEデバイスを統合可能にしてくれます。 セーフティI/Oはセーフティ関連のセンサやアクチュエータへのインターフェイスとして機能します。 セーフティ関連の信号を標準バスシステムを経由して伝送することは、装置計画、敷設、運転、保守診断、およびコスト削減の面で大きなメリットをもたらします。

技術データ

  • テクノロジ:TwinSAFEコンパクトコントローラ
  • 入力数:20
  • 出力数:24 (4 optional relay outputs)

 

EK1960 | TwinSAFEコンパクトコントローラ

企業

BECKHOFF Automation

BECKHOFF Automation