コンフォーマンス

コンフォーマンスとインターオペラビリティは通信技術の良否を左右する重要な要素であり、EtherCAT Technology Groupではこれらを非常に重要な課題として取り組んでいます。EtherCAT技術がその仕様に基づいて正しく実装されていることがインターオペラビリティ(異なるメーカーの機器が同じネットワーク上で正常に動作すること)の必須条件です。

この両方を達成するためにETGはEtherCAT Plug Festという実践的な取り組みを行っています。このインタオペラビリティのイベントに加えてフォーマンステストツール(CTTがあり、製品の認証を取得できるようにEtherCATテストセンタ(ETC)も設置しています。ETGの技術委員会はコンフォーマンス技術作業部会を設立し、テスト内容の定義や特にテスト項目の拡張を行っています。

以下のリンク先にはコンフォーマンス、インタオペラビリティおよび製品の認証に関する重要かつ詳しい情報があります。仕様書、ガイドラインおよびポリシなど関連するドキュメントは右側にリストアップしてあります。

EtherCATデバイスメーカ対象の項目


EtherCATスレーブデバイスの開発方法

認証を取得するメリット

コンフォーマンスに積極的に貢献するには?


EtherCATデバイスユーザまたはインテグレータ対象の項目


「公式コンフォーマンステスト合格製品」とは?

合格認定証のメリット

公式テスト合格製品の購入方法

 


関連情報

  

関連文書

テストセンタ

テストツール

テストバージョン

テストの拡張

テストの例外事項

コンフォーマンスに関する詳細情報は conformance@ethercat.orgまでメールをご送付下さい